さいたま市立 大宮別所小学校

校長あいさつ

  本校は、昭和49年に開校し、上尾市と隣接したさいたま市で北部にある学校です。コミュニティ・スクール3年目になります。学区には、ところどころに梨畑があり、JR高崎線と国道17号バイパスに囲まれた緑豊かな住宅地が広がっています。
  保護者・地域の皆様には、日頃より本校教育活動にご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございます。皆様の長年にわたって引き継がれてきた熱い思いと地道なご尽力によって、大宮別所小学校は支えられております。心より感謝申し上げます。

 学校教育目標:
  ~大きな夢、力いっぱい~  「夢と希望を持ち、豊かな心でたくましく生きる子の育成」

                  【目指す児童像】
                ①かがやく・・・じっくり考え
                ②ゆたかに・・・思いやりを持って
                ③たくましく・・ねばり強い子

【目指す学校像】~全ては子供たちのために        【目指す教職員像】~自律し自走する教職員
  〇「居がい・学びあい・通わせがい」           〇相手意識を大切に、
    を感じられる学校                    自ら考え、自主的に行動する教職員

  本校は、国際宇宙ステーションの船長であった若田さんの母校である事から、彼の生き方をお手本の一つとして、 一人ひとりが自分なりの夢を描きその実現に向けて努力する児童を育てていきます。
  その若田さんが5度目の宇宙飛行に挑戦することが決まりました。それを受け、本校では、 改めて本校の学校教育目標~大きな夢 力いっぱい~を見つめ直し、その具現化に向け、キャリア教育等の充実に力を入れてまいります。
  また、昨年度に引き続き、「GIGAスクール構想」の実現に向け取り組んでいきます。 GIGAスクール構想とは、「児童生徒向けの1人1台端末(タブレット等)と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、 多様な子どもたちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化(一人ひとり応じた学びが実現)され、 資質・能力が一層確実に育成できる教育ICT環境を実現する構想」の事です。 タブレット等の端末が鉛筆やノートと並ぶ必須アイテムになる時代となりました。 最大限の教育効果をあげられるよう、取り組んでまいります。
 さらに、今年度は、さいたま市が目指す、教育DX(デジタル・トランスフォーメーション)で実現させる学びの自律と個別最適化そして探求化の具現化に向けて取り組んでまいります。

  今年度は、わたくしにとって3年目となります。先が見通せない状況ではありますが、 「ホップ・ステップ・ジャンプ」の年となるよう、 過去2年間で蓄積した様々なノウハウを基に、全教職員で知恵を出し合い、教育活動の充実に全力で取り組んでまいります。 最後になりますが、児童の安心安全な学校生活を実現し、児童一人ひとりのより良い成長につなげていくためには、保護者や地域の皆様の更なるご協力が不可欠です。 今後とも、皆様のご理解・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

校長    和田 卓也

          子供たちの未来のためのPLAN THE NEXT
                     3つのGで「日本一の教育都市」へ
   ・
Grit :「やり抜く力」で真の学力を育成する。
   ・
Growth :「一人ひとりの成長を支え、生涯学び続ける力を育成する」
   ・
Global :「国際社会で活躍できる人材を育成する」